マッチングアプリの結婚歴が未記入は既婚者?見分け方と対策を紹介

マッチングアプリ 既婚者 サムネ 恋活

多くのマッチングアプリのプロフィール記入欄には「結婚歴」についての項目があると思います。

 

この項目では、今まで結婚したことがない人であれば「未婚」を選択し、結婚したことがある人であれば、離婚歴について記入するのが一般的です。

 

しかし、マッチングアプリの利用者の中には、この「結婚歴」が未記入の人が稀にいます。

 

そして、結婚歴が未記入の人は「既婚者である確率が高い傾向にある」という噂も存在します。

 

そこで今回は「マッチングアプリを使っている既婚者」をテーマに

  • 既婚者にも関わらずマッチングアプリを使っている人の心理
  • マッチングアプリで既婚者かどうかの見分け方
  • マッチングアプリで既婚者に出会わない方法

について解説していきます。

 

「結婚歴が未記入の人とマッチングした場合」や「マッチングした人が既婚者かも」と気になった人は、ぜひ最後まで読んでみてください!

 

既婚者でもマッチングアプリを使っている人はいる

元カノ 復縁したいと思わせるLINE

マッチングアプリを「使ったことがない人」や「まだ使い始めて数日」という人の中には、

既婚者でマッチングアプリを使っている人なんて本当にいるの?

と疑問を抱いている人もいるかもしれません。

 

しかし、結論からいうと「既婚者でもマッチングアプリを使っている人はいます」

 

いくら隙間時間で恋人が探せるといっても、相手が既婚者であれば、真剣な交際をすることは難しいですよね。

 

恋人や結婚相手をちゃんと探したいと考えている人にとって、既婚者は対象外となるので「迷惑な存在である」ともいえるでしょう。

 

マッチングアプリで既婚者との交際はNG

上記で話した通り、マッチングアプリにも既婚者は存在します。

そのため、アプリを利用しているうちに、既婚者とマッチングしてしまう可能性はゼロではありません。

 

しかし、仮に既婚者とマッチングしたとしても、既婚者とわかった時点で、交際は避けたほうがいいでしょう。

 

なぜなら、既婚者との交際をすると

  • 慰謝料の請求
  • トラブルによる裁判
  • 出会いそのものが体目的

などの大きなリスクを背負うことも考えられます。

 

マッチングアプリを使っていれば、他にも自分に合った人を見つけることができますので、既婚者とのやり取りはやめて、気持ちを切り替えましょう。

 

既婚者にも関わらずマッチングアプリを使っている人の心理

バツイチ 隠す サムネ

そもそも「既婚者にも関わらずマッチングアプリを使っている人の心理」とは一体何なのでしょうか?

 

ここから、アプリを使う既婚者の心理を3つ紹介するので、一緒にみていきましょう!

 

①浮気/不倫願望がある

たとえ、自分の理想とする人と結婚できた人でも、元から「浮気/不倫願望」がある人は一定数います。

 

  • スリルを味わいたい
  • 常に恋愛をしていたい
  • 誰かに求められていたい

など、性格的な要素から、「浮気/不倫願望」がある人は既婚者にも関わらず、マッチングアプリを利用しています。

 

特に男性の場合は、結婚をしたものの「まだ他の女性と体の関係を持ちたい」という思いから浮気をするケースは少なくありません。

 

②結婚相手といい関係ではない

結婚した後、一緒にいる時間が増え、結婚相手との関係が悪くなるケースもよくありますよね。

 

そして、結婚相手との関係悪化をきっかけに、マッチングアプリの利用を始める人も珍しくありません。

  • 仕事が忙しくなる
  • 子供が産まれて余裕がない

などの寂しい気持ちから「浮気してもいいかな」という気持ちになり、アプリの利用に走ってしまうという傾向が多いようです。

 

③単なる時間潰し

「単なる時間潰しをしたい」という気持ちから、マッチングアプリを利用する既婚者も中にはいます。

  • 育児が終わり時間を持て余している
  • 仕事の都合で単身赴任をしている
  • 相手の出張が多く暇が多い

など様々なケースがあるようです。

 

「暇だから」という理由でアプリを使っている人でも、既婚者の場合は体目的であることが多いので注意が必要です。

 

マッチングアプリを使っている既婚者の見分け方10選

結婚観の違い 復縁

マッチングした相手が既婚者だとわかったら、やり取りをやめた方がいいといっても、相手から「既婚者です」と言われなければ、判断するのが難しいケースもありますよね。

 

そこで、ここから「マッチングアプリを使っている既婚者の見分け方」を10個紹介するので「マッチングした相手が既婚者かも」と感じた人は、ぜひ参考にしてみてください!

 

【見分け方①】プロフィールの結婚歴が未記入

1つ目の見分け方は「プロフィールの結婚歴が未記入」かどうか。

 

基本的にマッチングアプリでは、プロフィール欄はできるだけ埋めることが推奨されているため、他の項目が埋められているのに「結婚歴が未記入」ということは、何かを隠している可能性が高いです。

 

もちろん、嘘をつくこともできますが、嘘をつくのは後ろめたいと感じている人が、未記入を選んでいるケースは少なくありません。

 

ちなみに離婚歴がある人が、バツイチであることを隠したい気持ちから、結婚歴を未記入にするケースがありますが、どちらにしろ「隠したいことがある」ということには変わりないので「結婚歴が未記入」の場合は、なぜ未記入なのかを質問してみることをオススメします。

 

【見分け方②】夜の時間帯は連絡がこない

「夜の時間帯は連絡がこない」というケースも既婚者の特徴です。

 

既婚者は、自宅にいる夜の時間帯は、家族に携帯を見られるリスクがあるため、返信をしてこない傾向にあります。

 

そのため、相手からいつも連絡がくるのは昼間だけで、夜に返信をしてくれない場合は、既婚者の可能性が考えられるでしょう。

 

たとえ夜でもデートであれば「会社の飲み会」という言い訳ができるため、デート後の帰宅した時間帯に返信があるかをチェックしてみてください。

 

【見分け方③】土日にデートを提案してこない

婚活 割り勘 サムネ

既婚者の場合、基本的に休日は、家族のために時間を使うことが多いので「土日にデートを提案してこない」です。

 

仕事が土日休みだったとしても、会うのは平日の夜が多かったり、こちらが提案しても「土日も仕事が忙しくて会えない」などと言い訳をして、休日は家族の時間にしていることも。

 

また、昼間のデートに応じてくれないケースも既婚者にありがちなので、デートの日程を決める際は、相手の反応を気にしてみましょう。

 

【見分け方④】とにかく会いたがる

続いての既婚者の特徴は「とにかく会いたがる」です。

 

マッチングアプリを利用している既婚者の多くは「肉体関係」を目的にアプリで出会いを探しています。

 

そのため、最初から距離感が近く、まだそこまで仲良くなっていない段階でも「とにかくすぐに会いたい」などと提案をすることが多いです。

 

真剣な出会いを探しているのであれば、相手もじっくり判断するはずですし、マッチングアプリで知り合って間もない相手と会うのは、リスクでしかないのでやめておきましょう。

 

【見分け方⑤】家の場所を教えてくれない

既婚者かどうか見分けるために「家の場所」を聞くのもオススメ。

 

既婚者は、家族とマッチング相手の両方からバレるリスクをできるだけ避けるため、自宅の場所をなかなか教えてくれません。

 

また、

  • 家に入れてくれない
  • 正確な住所を教えない
  • 会う際は家から距離があるところを指定される

なども、自宅を知られたくないことからきている可能性が高いので、チェックしてみましょう。

 

【見分け方⑥】プライベートについて深く話さない

こちらが聞いているのに「プライベートについて深く話さない人」も注意が必要です。

 

もちろん、自分のプライベートを話したがらない「秘密主義」の人もいますが、プライベートに関する質問だけいつも濁したりする場合は怪しいかも。

 

また、既婚者は仕事のことを質問した場合も、職場にバレることを警戒して隠したがる傾向があります。

 

【見分け方⑦】指輪の跡がある

初めて会った相手が、既婚者かどうかを判断する一番早い方法は「結婚指輪をつけているかどうか」

とはいえ、マッチングアプリを利用するような既婚者は、実際に会う時に結婚指輪は外すはず。

 

そのため、既婚者かどうか指輪で簡単に判断することはできませんが「結婚指輪の跡」は残っていることが多いので、自然な流れで確認してみましょう。

 

既婚者側も指輪でバレないかどうかは気にしていると思うので、隠す素振りをしないかなど反応をみてみてください。

 

【見分け方⑧】LINEを教えてくれない

既婚者の浮気がバレるきっかけとして多いのが「LINEを覗かれた」というケース。

 

ある程度親しくなったのにも関わらず「LINEを教えてくれない」場合は、上記のように家族にスマホを見られて、アプリの利用がバレることを警戒しているからかもしれません。

 

また、LINEを日常的に使っているにも関わらず、カカオトークや他のアプリでのやり取りを提案してきた場合は、明らかに不自然なのできちんと理由を聞きましょう。

 

【見分け方⑨】お泊まりデートがない

大人のカップルが、次の日に予定がないとなれば「そのままどこかに泊まって一晩過ごす」というデートをすることもよくあることですよね。

 

しかし、既婚者の方はマッチングアプリを利用していることがバレてはまずいので、デートの時も終電までには必ず帰る人が多いです。

 

まだ時間があるにも関わらず「解散時間がいつも早い」という場合には、早く帰って何をしているのか聞いてみることをオススメします。

 

【見分け方⑩】年収や容姿などが高スペック

  • 20代後半から30代
  • 年収は平均以上
  • 容姿端麗

実は、一見完璧に見える上記のような特徴の男性も要注意。

 

なぜなら、高スペックで結婚適齢期の男性が、マッチングアプリをやっているということが不自然だから。

 

実際、結婚はしたもののまだ遊び足りない男性が、スリルを求めてマッチングアプリに手を出しているケースは少なくありません。

 

出会えた相手のスペックが高いからといって「この人はどんな人物なのか」をいい加減に判断しないように心がけましょう。

 

【対策】既婚者がいないアプリなら婚活アプリがオススメ

マリッシュ サクラ サムネ

マッチングアプリには、その性質上既婚者が紛れ込んでしまうことがあります。

 

とはいえ、真剣に恋人を探しているユーザーにとっては迷惑な存在であること間違いなし。

 

そこで、対策としてオススメしたいのが「婚活アプリ」

 

婚活アプリとは「恋愛がしたい」という層よりも「結婚相手を探したい」というユーザーのみが登録しているマッチングアプリ。

 

多くの婚活アプリでは「独身証明書」と呼ばれる、自治体が発行する公的書類の提出が必須となっていて、既婚者は登録できない仕組みとなっています。

 

同じ出会いを目的とするアプリでも、真面目なユーザーが多いのが特徴で、結婚を目的とするなら、婚活アプリの方が成果が出やすいかもしれません。

 

マッチングアプリで結婚歴が未記入の人には注意が必要

マッチングアプリのプロフィール欄に結婚歴についての項目があるにも関わらず、未記入にしている全ての人が既婚者であるとは限りません。

 

しかし、記入すればプラスになる可能性が高い項目を、わざわざ未記入にするということは、何か事情があるのかもしれません。

 

トラブルに巻き込まれないためにも、少しでも違和感を感じたら、遠慮せずに相手に質問するようにしましょう!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました