【保存版】マッチングアプリの初デートは手を繋ぐべき!理由と方法を解説

初デート 手を繋ぐ サムネ デート

マッチングアプリを使ったら女性とデートの約束ができた男性の中には

  • マッチングアプリの初デートで手を繋いでもいいのかな?
  • どのタイミングで手を繋いだらいいのだろう
  • 初デートで手を繋ぐのを聞いても大丈夫かな?

など「初デートで手を繋ぐこと」について、気になっている人も多いのではないでしょうか?

 

デートに慣れている人ならともかく、その他の男性にとってはやっぱり気になりますよね。

結論からいうと、マッチングアプリの初デートでは手を繋ぐことをオススメします。

 

その理由について、この記事で詳しく解説していくので、気になる人は読んでみてください!

  1. マッチングアプリの初デートで手を繋ぐべき理由5選
    1. 【手を繋ぐべき理由①】親密度が上がる
    2. 【手を繋ぐべき理由②】ライバルよりできるだけ進展できる
      1. デートの印象付け
    3. 【手を繋ぐべき理由③】相手女性の気持ちがわかる
    4. 【手を繋ぐべき理由④】男らしさをアピールできる
    5. 【手を繋ぐべき理由⑤】自分の好意を伝えることができる
  2. マッチングアプリの初デートで手を繋ぐタイミング4選
    1. 【タイミング①】お店を出た時
    2. 【タイミング②】人混みの中
    3. 【タイミング③】手が触れ合った時
    4. 【タイミング④】段差の多いところ
  3. マッチングアプリの相手と手を繋ぐまでの3ステップ
    1. 【ステップ①】親近感を作る
    2. 【ステップ②】夜のデートに行く
    3. 【ステップ③】軽いボディタッチをする
  4. 女性が出す「手を繋ぐ」のがOKのサイン
    1. 【OKサイン①】次のデートに行きたいといってくれた
    2. 【OKサイン②】手が冷たいとアピール
    3. 【OKサイン③】ボディタッチをしてくる
    4. 【OKサイン④】歩く距離が近い
  5. 女性に手を繋いでいいかを聞くのはNG
  6. マッチングアプリの初デートで手を繋ぐことを女性は嫌がる?
  7. 女性が手を離したいとアピールしてきた時の対処法
  8. 手を繋いだその後のパターン
    1. 次のデートに早めに誘おう
  9. 初デートでは思い切って手を繋いでみよう

マッチングアプリの初デートで手を繋ぐべき理由5選

デート頻度 サムネ

「マッチングアプリの初デートでは手を繋ぐべき理由」は下記の5つです。

  1. 親密度が上がる
  2. ライバルよりできるだけ進展できる
  3. 相手女性の気持ちがわかる
  4. 男らしさをアピールできる
  5. 自分の好意を伝えることができる

 

これから、それぞれの理由を解説していきます。

「マッチングアプリでの出会い」を「恋愛市場での女性の心理」を踏まえた解説ですので、ぜひチェックしてください。

 

【手を繋ぐべき理由①】親密度が上がる

知り合った後、付き合うために重要になるのは「親密度」

しかし、マッチングアプリの初デートではお互いの緊張からか、親密度をあげることが難しいでしょう。

いくらメッセージのやりとりをしていても、デート中にうまく話せず親密度をあげられないケースは少なくありません。

 

そんな中でも手を繋ぐことができれば「親密度」を簡単にあげることが可能です。

また、手を繋ぐ行為は、会話をして親密度をあげるよりも効果があります。

 

アプリで実際にマッチングしているということは、相手も自分に興味がある状態ですよね。

その状態で、手を繋ぎ、親密度が上がれば、一気に恋人にまでなれる可能性が上がるでしょう。

 

【手を繋ぐべき理由②】ライバルよりできるだけ進展できる

多くのマッチングアプリの男女比は「6:4」くらいの割合で男性の方が多い傾向があります。

つまり、男性はライバルが多く、女性は常に男性を選べる立場にあるという状態です。

 

その上、マッチングアプリは同時に複数の人と連絡をとりデートをしていることが多いので、時間をかけていると、ライバルに先を越されてしまいます。

 

デートの印象付け

手を繋ぐことは女性に対してデートの印象を強くするのにも効果的です。

先ほども述べた通り、マッチングアプリでは他の男性と並行してデートに行っている女性が多い傾向にあります。

 

つまり、他の男性と差別化を図らなければ、デートに行ったことなど「忘れられてしまう」可能性もあるでしょう。

 

手を繋ぐことができれば、ただ食事にいくだけよりも遥かに印象が強くなるので、次回以降のデートも誘いやすくなり、関係を発展させやすくなります。

 

【手を繋ぐべき理由③】相手女性の気持ちがわかる

手を繋ぐことで相手女性の気持ちのを確かめることができます。

その理由は、もし相手が自分に脈がない場合、手を繋ぐのを嫌がるはずだから。

つまり、手を繋ぐことを受け入れてくれるかどうかで脈アリかどうか判断することが可能でしょう。

 

マッチングアプリでの恋愛はスピード感が重要になります。

そのため、お互い時間を無駄にしないためにも、初デートで相手の気持ちを確かめることは大切です。

 

【手を繋ぐべき理由④】男らしさをアピールできる

女性は付き合う男性に「男らしさ」を求めており、デートの際も「男性にリードしてもらいたい」と考えています。

そのため、初デートでも手を繋いでリードしてあげることで、男らしさをアピールすることができるでしょう。

 

また、マッチングアプリで恋活している女性は「安心できる男性」を求める傾向もあり、男らしさをアピールすることは、関係を進めやすくなるというメリットもあります。

 

【手を繋ぐべき理由⑤】自分の好意を伝えることができる

相手に対して好意があっても、うまく伝えるのって難しいですよね。

マッチングアプリで出会う女性は、初デートの男性に対して「本気に私に興味があるかどうか」を探っています。

 

そのため、ただ一緒に食事をしただけだと「相手の男性がどう思っているのかわからない」という理由で、その後関係が発展せずに終わってしまうケースが少なくありません。

 

このようなケースを防ぐために、手を繋ぎ、好意があることをきちんと伝えるようにしましょう。

 

初デートでできるだけアピールすることのメリットは「夢をかなえるゾウ」で有名な水野敬也さんの著書である「LOVE理論」でも解説されているので、気になる人はチェックしてください!
created by Rinker
¥1,540 (2021/12/01 14:32:19時点 楽天市場調べ-詳細)

マッチングアプリの初デートで手を繋ぐタイミング4選

デート代

ここまで、マッチングアプリの初デートで手を繋ぐべき理由について解説してきました。

しかし「手を繋ぐべき」と言われても、いつ手を繋いだらいいのかなんて、わかりませんよね。

 

そこで、ここから「マッチングアプリの初デートで手を繋ぐタイミング4選」を紹介していきます!

初デートで女性と手を繋ぐ際には、タイミングがかなり重要になってくるので、ぜひ参考にしてみてください!

 

【タイミング①】お店を出た時

マッチングアプリの初デートといえば「一緒に食事にいく」のが定番だと思います。

夜の食事であれば、1軒目の後に2軒目のお店にいくこともありますよね。

 

そんな時は、お店を出た時が手を繋ぐ最適なタイミングであるといえるでしょう。

2軒目に行くことが決まっているならば、スッと女性の手を握り、次のお店まで一緒に歩くことをオススメします。

この際少しだけリードして歩いてあげると「頼れる男性」というイメージもつけることができるので効果的です。

 

【タイミング②】人混みの中

人混みの中を歩く時は、手を繋ぐ絶好のタイミングです。

「迷子にならないように」という大義名分が生まれるので、いやらしさがなく女性の手を繋ぐことができます。

 

人が多いなと感じたら、自然と相手の手を握り、少し広いところまで連れて行ってあげましょう。

 

【タイミング③】手が触れ合った時

結婚相談所 サムネ

食事が終わり歩いている時、歩く距離が近いと自然と手が触れ合ってしまうこともありますよね。

そんな時は、自然にそのまま手を繋いでみてもいいかもしれません。

 

食事の後は相手に気を許していますし、緊張感もなくなっているので手を繋ぎやすいです。

手が触れるくらい近くで歩けている状態も、心理的に心を開いている証拠であるといえるでしょう。

 

【タイミング④】段差の多いところ

段差の多いところでは、そっと手を差し伸べてあげることで、自然に手を繋ぐことができます。

女性は初デートにヒールのある靴を履いてくるケースも少なくありません。

そんな時、少しでも道が悪かったり、段差があると、歩くのも大変ですよね。

 

そのため、こうした場所では安全に歩けるところまで「大丈夫?」と言って手を出してあげると女性も怪我をせず安心することができます。

 

平らな道に来ても、相手が手を離さないようであれば、そのままずっと手を繋ぐことも可能です。

 

マッチングアプリの相手と手を繋ぐまでの3ステップ

マッチングアプリの初デートで手を繋ぐタイミングが理解できたと思います!

しかし、初デートで女性の手を繋ぐには、それまでに必要な3つの要素があるんです。

 

ここからその3つの要素を3ステップ形式で解説していくので、ぜひチェックしてみてください!

 

【ステップ①】親近感を作る

手を繋ぐ行為は「心を許すこと」です。

つまり、相手との親近感が大切になってきます。

 

しかし、初対面でいきなり親近感を作るのは難しいですよね。

そこで、まずは会う前のやりとりをマメにして、できるだけ相手の情報を頭に入れておくようにします。

 

そして、実際に会った時に、相手から聞いた情報を覚えていることをアピールしてみましょう。

すると「覚えててくれてるんだ」という好印象が生まれ、親近感を抱くようになります。

 

「相手の情報を記憶し、親近感を持たせる」ことは手を繋ぐ上で非常に大切です。

 

【ステップ②】夜のデートに行く

デート代

初デートで手を繋ぎたいのなら、夜にデートにいくようにしましょう。

夜は周囲が暗いので、心理的にも心を開きやすいという効果があります。

 

昼間よりもムードがあるので、女性も手を握られることへの抵抗が少なくなるでしょう。

また、段差があるところで手を繋ぐ際も、夜の方が「見えづらい」ため、手を差し伸べやすいです。

 

【ステップ③】軽いボディタッチをする

実際、初デートでディナーに行けたのならば、食事が落ち着いたタイミングで軽くボディタッチを入れてみましょう。

  • 指輪やネイルなどを褒める
  • 手の大きさを比べる
  • 手相を見てあげる

などをして、あらかじめ手に触れておくことで、その後「手を繋ぐ」際の抵抗感を消します。

 

カウンターで横並びの席でしたら、肩が触れ合う距離まで席を近づけるのもオススメです。

 

女性が出す「手を繋ぐ」のがOKのサイン

モテる社会人

初デートで手を繋ぎたいと考えているのと同様に、女性も「この人と手を繋ぎたい」と考えていることも少なくありません。

しかし、女性は基本的に男性にリードしてほしいと思っているので、初デートで自分から手を繋ぐようなことはしないでしょう。

 

とはいえ、手を繋ぎたいと考えている女性は、自分から手を繋ぐことはなくても「手繋ぎOKのサイン」を出していることが多いです!

 

そこで、ここからは「女性が出す手繋ぎOKのサイン」を紹介していきます!

 

【OKサイン①】次のデートに行きたいといってくれた

デート中、もしくはデート終盤で「またデートに行きたい」ことをアピールされた場合、それは「手繋ぎOKのサイン」です。

 

「またデートに行きたい」ということは「関係を発展させたい」ということ。

つまり、あなたと次のステップに進みたいという意思表示であるといえます。

そのためデート中に、次回のデートの具体的な話が出たら、先ほど紹介したタイミングで手を繋いでしまいましょう。

 

【OKサイン②】手が冷たいとアピール

冬のデートでは、お店の外に出た瞬間一気に体が寒くなってしまうことがありますよね。

その際、何回も「手が冷たい」ことをアピールしている場合は「手繋ぎOK」のサインであるといえるでしょう。

 

手が冷たいとアピールされた場合は

  • どのくらい冷たい?
  • もしかして冷え性?大丈夫?

と声をかけてあげて、さりげなく手を握るいいシチュエーションです。

 

もし相手が嫌がらないれば、そのまま自分のアウターのポケットに一緒に手を入れて暖めてあげましょう。

 

【OKサイン③】ボディタッチをしてくる

デート代

デート中に女性からのボディタッチが多い場合は「手繋ぎOK」のサインです。

好意がない相手に対して、自分から触ろうとは思いませんよね?

 

つまり、ボディタッチがあるということは、相手も好意があるということですし、手を繋ぐことにも抵抗がないというサインでもあります。

ボディタッチのようにわかりやすく相手からアピールされているのに、手も繋がないと逆に幻滅されてしまう恐れもあるので、思い切って手を繋いでみましょう。

 

【OKサイン④】歩く距離が近い

お店を出て次の目的地に向かう際、歩く距離が近い場合は手繋ぎOKのサインかも知れません。

道が異常に狭いなら話は別ですが、あえて歩く距離を近くしている場合「できるだけ近づきたい」という心理から近くで歩いている傾向があります。

 

また歩く距離が近いということは、手が触れ合う可能性も高いので、もし手が触れ合うような距離であれば、自然に手を繋いでみてください。

 

女性に手を繋いでいいかを聞くのはNG

男性の中には嫌われたくないという心理から、女性に「手を繋いでいい?」と聞く人がいます。

しかし、これは絶対にやめてください。

 

女性に慣れすぎていることをアピールする必要はありませんが、この質問をしてしまうとたいていの女性は冷めるでしょう。

上記でも述べた通り、女性は男性にリードしてほしいと考えています。

 

それにも関わらず、関係を発展させる決断を相手に任せてしまうと「頼りない男性」というレッテルを貼られ兼ねません。

相手に気を使う気持ちもわかりますが、マッチングアプリではスピード感も大切になるので、余計な質問をせず勇気を出して自分から手を繋ぎましょう。

 

マッチングアプリの初デートで手を繋ぐことを女性は嫌がる?

そもそもマッチングアプリの初デートで手を繋ぐことを女性は嫌がるのでしょうか。

掲示板やSNS上の意見をまとめると、

  • 好意があれば問題ない
  • 付き合ってなくてもOK
  • 手を繋ぐくらいは初デートからでしょ
  • 男らしく繋いでほしい

という意見が多く見られました。

 

マッチングアプリでデートまでいくということは、その時点であなたはその女性から選ばれています。

選ばれているということは好意が少なからずあるということ。

つまり、実際に会って、メッセージのやりとりをしている時と同じように会話ができれば、ほとんどの場合「初デートで手を繋いでも大丈夫」ということになります。

 

注意してほしい点としては、手を繋ぐといっても、恋人繋ぎは避け、軽く手を握るくらいに留めておくことが大切です。

初デートで恋人繋ぎをするとガッついてる印象を持たれるのでやめておきましょう。

 

女性が手を離したいとアピールしてきた時の対処法

勇気を出して手を繋いだのに「手を離したい」とアピールされた場合はどうするべきでしょうか?

アピールされた時は、まずは素直に手を離し謝りましょう。

 

そして、動揺した様子はできるだけ見せずに

  • いきなりごめん
  • びっくりしちゃった?
  • 手繋ぎたくなっちゃって

というような内容の言葉をかけて相手の反応を伺います。

この時に相手が「そういう意味じゃなくて」と言ってくれれば、そのまま手を繋いでも問題ありません。

 

そして、もし手を繋ぐのが嫌だった場合でも、上記の言葉をかけることで「下心ではない」ということを伝えることができます。

 

手を繋いだその後のパターン

実際に手を繋ぐことに成功した場合、その後はどのようなパターンが考えられるでしょうか。

  • そのまま解散
  • キス
  • ホテル or 家
  • 告白

これらのパターンがあると思いますが、真剣に彼女を作りたいのならば「そのまま解散」の一択です。

 

女性からホテルや家に誘ってくる可能性もゼロではありませんが、マッチングアプリの初デートでそこまでの関係になろうとする女性は「真剣な付き合いよりも遊びたい」という考えの方が強い傾向があります。

 

男性側も遊びたいなら構いませんが、真剣に彼女作りをしたいのであれば、手が繋げたとしても一度落ち着き、その日は解散することが賢明でしょう。

 

次のデートに早めに誘おう

解散した後は、すぐに連絡を取り次のデートに早めに誘いましょう。

何度も言いますが、登録者数の関係で、マッチングアプリでは女性が男性を選べる立場にいます。

 

そのため、1回目のデートがいくらうまくいっても、その間に他の男性が現れれば、2回目のデートはないかもしれません。

次のデートを早めに決めて、デートの印象を途切れさせないようにしましょう。

 

初デートでは思い切って手を繋いでみよう

マッチングアプリの初デートで手を繋ぐべき理由について理解できましたか?

初デートで手を繋ぐことは意外とハードルが高いように思われがちですが、マッチングアプリの特性を考えると、むしろ手を繋いだ方がメリットになることがたくさんあります。

 

今回紹介した「手を繋ぐタイミング」や「女性が見せる手繋ぎOKサイン」をしっかり覚えて、初デートでも手を繋げるよう準備をしておきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました