マッチングアプリでドタキャンは多い?リスケなし=脈なしなのか徹底解説

マッチングアプリ ドタキャン サムネ 恋活

マッチングアプリを使っている人の中には

  • マッチングアプリはドタキャンが多い
  • デートでドタキャンされた
  • ドタキャンされたら脈なし?

など「アプリでのドタキャン」について、気になっている人もたくさんいると思います。

 

実際、マッチングアプリでは、デートの約束をしたにも関わらず「当日になってドタキャンされた」というケースは珍しくありません。

 

そこで今回は「マッチングアプリでのドタキャン」をテーマに、体験談やドタキャンが起こる理由、対処法などを徹底解説していきます。

 

【体験談】マッチングアプリではドタキャン一定数ある

マッチングアプリでのドタキャンは多いの?

と疑問に思っている人のために、ドタキャン経験者の体験談をチェックしていきましょう。

 

マッチングアプリのドタキャン後、リスケなしは脈なし?

バツイチ 隠す サムネ

マッチングアプリでドタキャンされた後、リスケがなかったら

脈なしなのかな…

と考えてしまいますよね。

 

しかし、ドタキャン後にリスケがなかったからと言って、脈なしだと断定することはできません。

 

なぜなら、

  • 体調が悪くてそれどころじゃない
  • リスケをしたくても言い出せない
  • 2回目のドタキャンは嫌だから慎重になっている

など、人によって様々な理由が考えられるから。

 

特に、恋愛経験が少なかったり、奥手な人は自分からアクションをするのが苦手で、なかなかリスケを提案できない人もいるみたいです。

 

ドタキャン後リスケなしで脈なしかどうかの見分け方

とはいえ、ドタキャンされた方はショックですし、その後リスケがなかったら「その相手はもう脈なしなのか」気になりますよね。

 

そこで、ここから「ドタキャン後に脈なしかどうか」を見極めるポイントを紹介します。

 

ドタキャン後でも連絡がくるかどうか

脈なしかどうかを見極める、そのポイントとは「ドタキャン後でも連絡がくるかどうか」です。

 

仮に脈なしが理由のドタキャンだった場合、相手は会うことを面倒に感じているので、デートをキャンセルした人と連絡をとることはありません。

 

恐らくそのまま

  • フェードアウト
  • 音信不通
  • 未読無視
  • ブロック

などをして、連絡が取れない状況となるでしょう。

 

連絡がつく場合は脈なしとは限らない

ドタキャン後に連絡がつく場合「脈なしとは限りません」

連絡が取れるということは、あなたとのコミュニケーションが嫌というわけではない証拠ですし、リスケのタイミングを伺っているだけかも。

 

実際、次はドタキャンにならないために、予定がわかるまでリスケの提案ができずにいるケースも少なくありません。

 

そのため「ドタキャン=脈なし」というわけではなく、ドタキャン後に連絡が取れるかどうかに注目することをオススメします。

 

 

マッチングアプリでドタキャンが起こる7個の理由

マッチングアプリ 誰とも会えない サムネ

マッチングアプリでドタキャンされた時、された側は「なぜドタキャンされたのか」気になりますよね。

 

ドタキャンする理由は様々なものがありますが、ほとんどの場合これから紹介する7つに分けられます。

ドタキャンする側の心理、状況を一緒にみていきましょう。

 

理由①:体調不良

ドタキャンの理由として一番多いとされているのが「体調不良」

どんなに健康な人でも、体調不良は突然起こるものなので、ドタキャンの原因となりやすいです。

 

また、体調は許容できる範囲が人によって大きく変わるので、体調不良でドタキャンとなった場合は仕方ありません。

 

体調不良は本人が一番辛いはずなので、連絡を無理にさせるようなことはせず、相手のことを気遣ったメッセージを送りましょう。

 

理由②:仕事が入ってしまった

社会人は、突然仕事が入ってデートに行けなくなることも少なくありません。

特に仕事終わりの食事などは、残業でいけなくなるケースも多く、ドタキャンが起こりやすいです。

 

仕事のトラブル対応は予測不能なものなので「仕事でいけなくなってしまった」と言われたら、その日は諦めるしかありません。

 

仕事が原因のドタキャンは、相手からリスケの連絡が来ることが多いので、

仕事頑張ってね…!

などの労うメッセージを送り、相手の反応を待ちましょう。

 

理由③:めんどくさくなった

マッチングアプリ 質問してこない女性 サムネ

マッチした相手とのデートがめんどくさくなり、ドタキャンする人も珍しくありません。

 

初デートの場合、相手のことをよく知らないですし、不安な気持ちも大きいので「デートが楽しみ」という気持ちよりも「めんどくさい」という気持ちが上回ることも。

 

初対面の人と会う時は緊張しますし、当たり障りのない会話になりがちなので、そこに対して不毛さを感じている人もたくさんいます。

 

事前のメッセージで共通点をたくさん見つけて

  • この人と話してみたい
  • どんな人か会ってみたい
  • 好印象だから会いたい

とどれだけ思わせることができるかが鍵となります。

 

理由④:他の人と付き合うことになった

「他の人と付き合うことになった」というのもドタキャン理由でよくあるケース。

 

マッチングアプリは基本的に複数の人と同時進行でデートをするため、デートの予定が決まっていても、その前に「他の人とお付き合いを始める」ということがよく起こります。

 

例えば、

土曜日にデートしたAさんと付き合うことになった場合、翌日の日曜日にデート予定だったBさんのことを前日にドタキャンする

といったケースは珍しくありません。

 

デート予定の相手に恋人ができてしまうことは、なんだか他の人に取られてしまったような気持ちになりますよね。

 

とはいえ、恋愛はタイミングなので、その人とはタイミングが合わなかったと割り切り、次の人へと気持ちを切り替えましょう。

 

理由⑤:アプリの話を聞いて怖くなった

マッチングアプリの話を友人から聞いて、怖くなってしまいドタキャンする人もいます。

 

  • 危険な目にあった
  • 勧誘をされた
  • プロフィールと全然違う人がきた

などの話はSNSでも拡散されているため、デート直前にこうした情報を調べ「やっぱり会うのやめようかな」となるケースです。

 

もちろん、アプリの運営側もいろいろな対策をしていますが、簡単に登録できるアプリだからこそ、様々な目的の人がいるのも事実。

 

たとえドタキャンになったとしても、相手に不信感を感じたら、身の安全を守るためにもデートは断るようにしましょう。

 

理由⑥:お金がない

デートに行くには何かとお金がかかりますよね。

特に男性の場合、マッチングアプリの相手との初回デートでは、奢った方が印象がいいとされているため、デート代を負担することになるでしょう。

 

そのため、デート直前でお金がないことに気づき、奢ることができないからドタキャンをするという人もいます。

 

実際、デートで夜にお酒を楽しむ場所に行くとしたら、1人5,000円ほどの計算となるので、2人分だと1万円程度は必要です。

複数人とデートをすると考えたら、毎回1万円の出費は痛いですよね。

 

アプリで出会う人とは、1度きりの食事になることも少なくないので、できるだけお金をかけたくないという人は、ランチやカフェなどでのデートをオススメします。

 

理由⑦:彼氏や彼女にバレた

彼氏や彼女にマッチングアプリを使っていることがバレて、ドタキャンする人も。

恋人がいるにも関わらず、遊び目的でマッチングアプリを使っている人は珍しくありません。

 

デート直前になると、場所や時間を決めるためにやり取りが増えるため、そのやり取りを恋人にみられてデートをドタキャンすることになったケースも。

 

特に相手が既婚者だった場合は、大きなトラブルにもなりかねないので注意してください!

 

 

マッチングアプリでドタキャンされないための対処法

マッチングアプリ 調子乗り過ぎ サムネ

楽しみにしていたマッチング相手とのデートでドタキャンされたら、かなりショックですよね。

ドタキャンされてもリスケの提案があればまだいいですが、リスケすらなかった場合、せっかくはじめた恋人作りも諦めたくなってしまいます。

 

とはいえ、正当な理由なきドタキャンは誰にでも起こりえることなので、ドタキャンが起こらないようにするには対策が必要です。

 

そこで、ここからは「マッチングアプリでドタキャンされないための対処法」を紹介します。

対処法をしっかり把握して、ドタキャンされる可能性を限りなく低くしていきましょう。

 

対処法①:デートまでの期間を空けない

ドタキャンされないための対処法、1つ目は「デートまでの期間を空けない」です。

 

マッチングアプリでドタキャンが一番起こりやすい状況といえるのが、デートの約束からデートまでの期間が長い時だといわれています。

 

約束をしてから、デートまでの期間が長いとデートに対するモチベーションが下がってしまい「めんどくさい」という気持ちが生まれやすいです。

 

また、空白の期間に相手に恋人ができてしまう可能性もあるので、ドタキャンの確率が高くなってしまいます。

 

デートの約束をする際は、できるだけ直近の予定が埋まっていないことを確認してから、提案することで、相手の熱量を保ったままデートをすることができるでしょう。

 

対処法②:事前にリマインドする

デートする日が近づいたら、事前にリマインドをしておくのも重要です。

 

具体的には、2~3日前に

  • ◯日、会えるの楽しみ!
  • どこで待ち合わせする?
  • あった時にココ行きたい!

など、さりげなく相手にデートのリマインドをしておきましょう。

 

リマインドすることで、相手が自分と会うことについてどう考えているのか、デートへの熱量を確認することができます。

 

もちろん、ドタキャンされないか不安になる気持ちもわかりますが、いきなり

  • 忘れてないよね?
  • 大丈夫?
  • 会えるよね?

などと、迫った質問をすると相手はプレッシャーを感じてしまうので注意してください。

 

もしもリマインドへの返信がこない場合は、ドタキャンの可能性もあるので

連絡がないのですが、明日のデートは大丈夫ですか?

と前日に連絡をしておくのがオススメです。

 

それでもなお、連絡が取れないようでしたら、フェードアウトの可能性が高いので、デートに行くのをやめてもいいでしょう。

 

対処法③:デート前に電話をしておく

ドタキャンの確率を下げるために「デート前に電話をしておく」のも効果的です。

 

マッチング相手とのデートがめんどくさくなってしまうのは、初対面で様々なことが不安だから。

つまり、面倒という理由でのドタキャンをなくすには、相手が感じる不安要素をなくして行くことが大切です。

 

そのため、デート前に電話をしておくことで、

  • 話した時の雰囲気
  • 声のイメージ
  • 空気感が合うかどうか

などを事前に知ることができ、デートに対する不安要素をなくすことができます。

 

最近ではマッチングアプリ内に通話機能もついているので「会うまでLINEを交換したくない」というでも、デート前に電話をすることが可能です。

 

事前に電話をして、自分のアピールをしつつ相手の雰囲気を掴み、ドタキャンの可能性を減らしていきましょう。

 

番外編:いきなりデートできるアプリを使う

ドタキャンの確率を限りなく減らすのであれば、メッセージが不要で、いきなりデートできるアプリを使うのも1つの手。

 

メッセージなしでデートできるアプリは「メッセージがうまく盛り上げられず、ドタキャンされてしまう」というリスクをゼロにできるので、メッセージが苦手な人にもぴったりです。

 

また、アプリによってはお店の予約までできるものもあるので、雰囲気のいいデート場所がわからない人でも安心です。

 

しかし、いきなり食事デートができることから「メシモク」と呼ばれる、ご飯を奢ってもらうことが目的のユーザーもいるので注意してください。

 

婚活なら結婚相談所もあり!

マッチングアプリを使う目的が婚活なのであれば、結婚相談所を使うのもオススメです。

 

結婚相談所は軽い気持ちで登録することはありませんし、相談所が間に入ってくれるので、ドタキャンの心配もありません。

 

そのため「真剣に結婚相手を探している」という人は、マッチングアプリより、結婚相談所の方がスムーズに相手を見つけられる可能性は高いでしょう。

 

結婚相談所を検討しているのであれば、結婚情報比較ネット 資料請求 で一括資料請求をして、自分に合った相談所を探してみてください!

 

ドタキャンされた時にとるべき3つの行動

ここまでお伝えした通り、マッチングアプリでドタキャンをされることは、珍しいことではありません。

様々な事情から、急にデートに行けなくなってしまうことは誰にでもあり得ることです。

 

ここから「ドタキャンされた時にとるべき行動」を3つ紹介するので、これらの行動をきちんと理解し「ドタキャンされた時どんな行動を取ればいいのか」ぜひ参考にしてください!

 

①相手を思いやる返信をする

楽しみにしていたデートでドタキャンをされた時「がっかりする気持ち」や「ドタキャンへの疑問」から、感情をうまくコントロールできなくなってしまう人もいるかもしれません。

 

しかし、相手のドタキャン理由が仕方のない理由の場合「相手を思いやる返信をする」のが、まず最初にすべきことです。

 

もちろん「体調不良とか嘘なのでは?」という疑念が出てくることもあると思います。

しかし、相手が嘘をついているかどうかは、その後の行動でわかるので、ドタキャンされたからといってすぐに疑うことはやめましょう。

 

一度相手の状況を理解し、思いやりのある返信をすることで、その後の関係が発展する可能性は十分考えられます。

 

一時の感情に流されず、相手のことを考えて返信することを心がけてください。

 

②リスケができる相手か判断する

ドタキャンの理由が仕方のないものであれば、デートをリスケできる相手なのか判断する必要があります。

 

ドタキャン後にも返信がくるようであれば、少なくとも脈なしではないので、そのまま相手からのリスケの提案を待ちましょう。

だいたい1週間を目処に、リスケの提案があるかどうか様子を伺います。

 

1週間たっても提案がない場合は、ご縁がなかったということで、関係を終了してもいいでしょう。

とはいえ、どうしてもデートにいきたい相手であれば、こちらから積極的にリスケの話をしてみてください!

 

③気持ちを切り替えて次にいく

マッチングアプリで素敵な出会いを見つけるためには、仮にドタキャンをされても気持ちを切り替えて次にいくことが重要です。

 

ドタキャンをされたことはショックですが、アプリには他にたくさんの異性がいますし、落ち込むことはありません。

 

できるだけ気持ちを切り替えて、次の相手を探しにいくことが、アプリで素敵な出会いを見つけるコツです。

 

無理は禁物ですが、行動していればあなたに合った相手がきっと見つかるので、諦めずに出会いを見つけにいきましょう。

 

 

マッチングアプリでのドタキャンは脈なしとは限らない!

マッチングアプリでは「ドタキャン=脈なし」というわけではありません。

 

お互いに働いているのであれば、予定が急に変わることだってありますし、突然の体調不良も考えられます。

 

また、カップルになった時にもデートの予定が急に変わることだってありますよね。

つまり、脈なしかどうかを判断するために大切なのは、ドタキャンという事実よりも、その後の行動です。

 

迷った時は、ドタキャン後に相手がどんな行動をするのかをみて、脈なしかどうかを判断するようにしてみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました